souzoku.png

当社にご相談いただく際の流れはこちら>>

 

相続・贈与のサポート

相続税の申告書はだれが作成しても同じだと思っていませんか?
税理士にも得意分野と不得意分野があるのをご存知ですか?
 

当社では、これまで相続税申告を多数行い、年間多数の生前の相続税シミュレーションの依頼を受けております。最善の解決のためには、豊富な知識と経験を持つ相続税専門税理士の知恵とノウハウが必要不可欠です。

どうぞお気軽にご相談ください。
 

平成27年1月より相続税が改正されました。

成27年1月1日以後の相続から適用されます。しっかりと相続対策をしましょう。
 
また、相続が発生した場合、お早めに当社へご相談ください。
 
以下に大きな変更点を記載いたします。
 

1.相続税の基礎控除額が40%縮小しました。

今までは、相続人が配偶者と子ども2人の場合、改正前は8,000万円を超えないと相続税がかからなかったのが、改正後は4,800万円を超えると相続税がかかります。
相続税を支払う人は相続全体の約4%と言われていましたが、改正後は今までの1.5から2倍くらいに増えると言われています。
 
 

2.相続税率の上昇

今まで、最高税率が50%だったのが55%まで引き上げられました。相続財産が2億円を超えてくるとかなりの税負担となります。
 
 

3.未成年者および障害者の控除額の引き上げ

未成年者控除と障害者控除の控除額が1年につき6万円から10万円(障害者1級、2級の場合は20万円)に引き上げられました。他の税率が上がったので、未成年者と障害者への負担が大きくならないように控除額を引き上げることになりました。
 
 

4.贈与税率の強化

相続税に併せて、贈与税の税率構造も見直され、3,000万円を超える贈与については最高税率が55%に引き上げられました。
教育資金贈与は特例で1,500万円まで非課税です(平成31年3月31日まで)。
結婚子育て資金贈与は特例で1,000万円まで非課税です。(平成31年3月31日まで)


当社に相談いただく際の流れ

1.まずはお電話、メール等にてお問い合わせください。

当社では、初回の相談は無料で行っております。
ご都合のよい時間を選んで、ご相談にお越しください。
 

2.専門家との面談にお越しください。

面談では、相続に詳しい専門スタッフが相続人様の家族関係や、財産についてお伺いします。
その際に、戸籍謄本、不動産の謄本、固定資産税の通知書などの資料があると話がスムースに進みますので、可能な範囲でお持ちください。
(ご用意できなくてもかまいません。)
お客様のお話をお聞きしたうえで、必要書類の収集の仕方についてなど、アドバイスをさせていただきます。
 

3.今後の流れと、費用のお見積もりをいたします。

概算による相続財産総額からサポート料金のお見積りをいたします。
料金に不明点等ございます場合には、遠慮なくご質問ください。
 
内容に充分納得されてからサポートの開始になります。
すぐに決めていただく必要はありません。わからない点がありましたらどんなことでもご質問ください。
 
 


tel_2.png

TOPに戻る

会社案内

アクセスマップ

お問い合わせ

サイトマップ

 


 

行本会計事務所

〔山口本社〕〒753-0861 山口県山口市矢原642-26
〔広島支店〕〒730-0051 広島県広島市中区大手町5-16-1 たかのばしハイツ2F

代表 行本康文 (日本税理士会連合会登録 第47990号)
従業員数 45名
業務案内 経営サポート、税務、税務調査、会計業務、人事・労務関係、経理代行、相続など様々対応しております

〔山口本社〕

〔広島支店〕